remember me!

lostorageになっても、リメンバのこと忘れないでね!とひっそりと訴えかけたいブログ

鯖リメンバとBLUE APPLI

今日も今日とて鯖リメンバ。

一応2週間おきぐらいになんか書けたらいいなー、とか思ってやってるんですが、また3週間空いてしまいました。すみません。

 

今の段階での鯖リメンバと、BLUE APPLIのカードつよい……という話です。

わりと時間空いたので少し詳しめに。

 

※5/28:箇条書きの部分がちょっと見づらかったので修正(本文は変えてないです)

 

デッキリストはこんな感じです。

 

・ルリグデッキ

1 WHITE LRIG

各1 リメンバ1と2

1 コード・ピルルク・Δ

1 星占の巫女 リメンバ・ナイト

1 ロック・ユー

1 ディストラクト・スルー

1 ブルー・パニッシュ

1 フォーカラー・マイアズマ

1 龍滅連鎖

 

・メインデッキ

-バーストなし

4 サーバント O2

1 コードアート R・F・R

4 羅原 V

3 サーバント D2

4 アビリティ・マインド

3 集結する守護

1 選択する物語

 

-ライフバースト

4 サーバント O

4 サーバント O3

1 サーバント D

1 サーバント D3

1 サーバント T

2 コードアート S・M・P

2 幻水姫 ダイホウイカ

2 コードハート M・P・P

3 サーバント Y

 

WIXOSS PARTYに出てからデッキを組み替えたので対戦結果はありません

 

・基本戦略

早い段階から集結する守護でライフを削る

→ダイホウイカ、ルリグアタック等でライフクロス1枚以下程度まで削る

→各種アーツなどを駆使し、致死圏まで通せる盤面を整えたうえでロック・ユー

 

・カード個別

-ロック・ユー

対戦相手が一切防御手段を使えない状態に持ち込むのが理想ですが、アーツを1枚使われる場合やアーツ以外の防御手段を持っている場合がどうしても出てくるので、相手が何を使ってくるかを考えて盤面立ててください。

 

-ディストラクト・スルー

■サーバントYの起動能力のコスト確保(ドローの方のエクシード1)

■対戦相手の手札のサーバント、能力のコストにできるカード(ルパンヌのトラップ、アロスと散華の起動能力等)の処理(エクシード2)

の2つが主な用途です。ついでにレベル3がピルルクΔなので1ハンデスがつきます。基本的に詰めるターンに使用しますが、カード引かないとどうしようもないとき(3ターン目に集結する守護が1枚も引けていない、ライフが厳しいのに手札にサーバントが確保できない等)はさすがに使ってしまった方がいいと思います。

 

-集結する守護

■アビリティ・マインド4枚+R・F・R+選択する物語の6枚で圧縮できる

(3ターン目までに16枚分カードを引ける計算になるので、1枚ぐらいは引ける……はず)

■2回撃つ必要がないことの方が多く、だぶつくとわりと困る

ので、3枚になっています。

相手がレベル4に上がるまでに撃てるかどうかがわりと死活問題(相手によってはできなかった時点でほぼ詰み)なので、がんばって引きましょう。初手にあったら必ず(1枚)残してください。

 

-アビリティ・マインド

8割ぐらいはレベル2のときにドローすることになると思います。がんばって守護引いてください。

それ以外は足りない(or足りなくなりそう)なものを補うために使えばいいですが、どの用途で使うにしても、ブルー・パニッシュとアイドル・ディフェンスには注意してください。

 

-選択する物語

エナ確保用ですが、どうしても手札が足りなくなる都合上、だいたい1枚引く方になると思います。

 

-羅原 V

エナ確保用。レベル4になるまでならたいていエナには行ってくれます。

先攻2ターン目に2体並べるとわりと2体残るので、守護が引けない場合のフォローにも。

 

-コードハート M・P・P

最近同時制限がかかりましたが、すでにアビリティ・マインド4積みに移行していたので何も変わりませんでした。

最近はルリグアタックを通せないとつらいのでCRYSTAL SEALも欲しいときがあるんですが、おそらくバニッシュ耐性+スペル打ち消しのほうが重要だと思います。

 

-幻水姫 ダイホウイカ

手札確保+あわよくば1点+詰め要員。

この2枚の枠はちょっと前までホロスコープとかコスモウスと色々悩んでたんですが、結局手札確保ができることを優先してこうなりました。

防御できないアーツに2枚割いている関係上、バーストで打点を減らせないのが少しなー、という感じです。

 

-コードアート S・M・P

本日の主役。BLUE APPLIのカードなので、R・F・R、サーバントO、D、Tと並んでWIXOSSのカードとしては最古参になります。

f:id:mudhole2001:20170528125158j:plain

(画像:http://www.takaratomy.co.jp/products/wixoss/card/card_list.php?card=card_detail&card_no=WD03-011

散華ウリスとアロス・ピルルク(両方ルリグ起動でシグニを止められる)がいる以上、どうしてもルリグアタックを通す必要があるので扱いやすいハンデス要員を探していたところ、たどりついたのがこのカードです。

 

他のハンデス系シグニと比較すると、

■コスト不要、発動条件なし(他はだいたい1エナかかるかなんらかの条件がいる)

■手札を見られる(ディストラクト・スルーの補助)

■レベル3(フォーカラー・マイアズマの蘇生圏内)

という長所があり、扱いやすさでは群を抜いています。

ハンデスそのものは不確定ですが、後になればなるほどレベル1シグニが手札にいる可能性は(場に優先的には出さないので)上がるはずですし、たいていのデッキのサーバント枠は半分以上レベル1なのでサーバントを落とす用途としては十分です。

実際使ってみても成功率は高いので、わりとメディア露出多いだけのことはあるな……という感じです。

 

-WHITE LRIG

f:id:mudhole2001:20170528140107j:plain

このデッキ唯一の最新カード。

通常は「リメンバ」を指定しますが、「ドーナ」を指定することで即座に3コインを得ることができます。3ターン後ぐらいに負けます。

……すみません、最新カードが入らなかったので寂しかっただけです……。

 

 

以上です。

結局19弾にリメンバ限定カードは特に入らない可能性が濃厚になってはいますが、まあなんとかやっていこうかと思います。次の大会プロモのフルフルとか組み込めるといいんですけれど。

 

それでは。