remember me!

conflatedなリメンバをひっそり見守っていきたいブログ

Wilesとリメンバ

10/9をもってこのブログは開設2周年を迎えました。読んでいる人がどれぐらいいるかは正直よくわかってないんですが、なにかの一助になっていれば幸いです。

 

早いもので、もう新4弾が発売される時期になりました。新規ルリグ4人のためのセットなので青英知絡みの追加は特にありませんが、すべてが追加ルリグ限定カード、というわけではないのでデッキに入れるカードが何もない、ということもありません。たぶん。

 

というわけで、新4弾で何かデッキに入れられるものはないかざっくり見ていこうと思います。

 

 

 

 

例によって、特にことわりがない時はキーセレクションの話をしてます。

 

・E・G UNION イザベラ

ウォーブレの忘れ形見。リブートフェイズで引かせてくれないみたいですが、ソウルバーストはわりとそのまんまです。

 

いくばくかのエナと打点がほしいだけならメルキーで十分ですし、防御としての信頼性はなきに等しいので、基本的にはソウルバーストLv.3こと最大出力を狙いにいくことになります。さすがに0エナでターンを渡すともう返ってこないはずなので、詰めの一発として決める方向でいきましょう。

先にマーリンで全体-2000を振っておけば一発で3面バニッシュになりますが、その場合だと相手に6エナ増えるのでその後攻撃を通せるかといわれるとちょっとあやしいです。アタック時バニッシュ系を並べればエナの少ない状態でアーツ要求できますので、そっちのほうがいいでしょうか。……リメンバだとアタック時バニッシュ系に何かとエナを要求されるのでかなり厳しいんですが、ハンプティダンプティやらファイトラやらを起用するなりワトソンなどでオレオレを落とすなりしてなんとかしましょう。あと、3点以上一気に取ろうとするとライフバーストで終わる危険が高まるので、相手のライフクロスが1枚のときに詰めやすくなるぐらいの気持ちでいったほうがいいかもしれません。

 

……こうして考えてみるとけっこうハードルが高いんですが、都合9エナかかるとはいえ3ライフ余分にクラッシュはわりと他のカードにはできない芸当なので、なんとかうまい具合に詰められる方法を見つけたいところではあります。

 

・カーニバル -K-

 カーニバルキー。しれっと鎧終一触の立場が7割ぐらいなくなっている気がします。

 

まずキーセレクションの話をすると、出現時で4ターン目に確実にホロスチャートを2枚持ってこられるので、手札破壊に安定感を出すことができます。出した後のホロスチャートが何もしない問題も、手札自体が増えているのでそこまで負担は大きくなりませんし、1体はエクシードで有効利用できます。

問題はエクシードが防御にはほぼ役に立たないことで、2コインということもあり、ある程度早期決着に向かうことが求められます。一応起動能力の方で1点ぐらいは守れるでしょうし、(エクシードによって手札に残すシグニを制御しやすくなるため)イコール・プライズを狙いやすくなったりもするんですが、防御の薄さをカバーできるほど大きなものではありません。幸いエクシードで打点はある程度安定するので、前のめりにいってさっさと終わらせてしまいましょう。

 

オールスターだとメインデッキから防御手段を用意できますし、エクシードを防御に活かす方法もそこそこあります。防御のことを置いても詰める時に盤面を整えるのがかなり楽になるので、中心に据えるのも十分考えられるでしょう。

 

・差し伸べし使 リワト

リワトキー。地味に多色のキーって初めてな気がします。

 

アンロック時に3エナ要求されますが、エクシード2回分で合計2ドロー+2エナもらえるので、最終的には差し引きでカードが1枚増えます。

キーセレクションでの出番は基本的にないでしょう。エクシードなしの起動でも面が開けられるとはいえ、そのためには青赤緑3色のエナを安定して用意する必要があり、それに見合ったものかと言われるとさすがに疑問です。緑の非限定カードでもう少し使いやすいものがあれば話はもう少し違ったんですが……。

 

オールスターの場合は、少なくとも21弾の非限定天使組を利用できるので、もう少し芽が出てきます。それらなら天使にする能力とも噛み合っており、特にデッキ内の天使があまりいなくても3ターン目に≡プロメウス≡を安定して利用できるようになるため、中心に据えたデッキを組む価値は十分あるでしょう。MIRRORやグレホザメでエクシードを使い倒すのも一興です。

 

……天使にする起動能力はもとのクラスをすべて失ったうえで天使になるので、何か変なシナジーがどこかにありそうな気がしますが、それはもう少し探してみます。

 

・羅植姫 ガランサス

4色植物。……ユキ関連のギミックがデッキを植物で固めることを要求している関係上、キーセレクションのユキで活用することがかなり困難になっている気がするんですが、そこはいいんでしょうか。

 

条件を満たせば照安鞠亜の強化版、ということになりますが、こちらはトラッシュ送りなので確実に相手のリソースを削ることができます。即座には打点に繋がらないレベル4なのはちょっと気になるとはいえ、手札破壊と合わせれば相手の種切れを狙うデッキは十分作れるんじゃないでしょうか。先述のカーニバルキーとも相性はいいです。

 

あとは条件を満たす方法ですが、リメンバデッキに入れて機能させやすい他色のカードを考えると、

■白:ホワイトパールホープ

■赤:照安鞠亜、豊崎恵那、ファイトラ

■黒:ハンプティダンプティ

■緑:モササ(後述)

あたりになるでしょう。扱いやすさの面で白と赤はほぼ確定として、黒か緑をなんとかやりくりして入れる形がよいかと思います。

 

アタックフェイズの後にデッキトップを参照するので、地味にミッドナイトの自動能力とも相性がよかったりします。デッキトップから4色目を揃えて虚をつけることも、たまにはあるかもしれません。

 

・幻獣姫 モササ

除外水獣。キーセレクションもだいぶ除去方法が充実してきました。トラップ化だけはさすがに来ない気がしますが……。

 

現行のキーセレクション下で他のパワー増加手段を用意するのはあまり現実的でないので、事実上手札を3枚捨てて1体除外するシグニとして運用することになります。手札を増やす方法が比較的多いリメンバでもそうそう連打できるものではありませんが、エナを一切要求せず、相手のエナも溜まらないので、選択肢の一つとして1、2枚デッキに入れてみるとけっこういい働きをするんじゃないでしょうか。少なくともタマ(おそらくユキも)相手だとエナが溜まらず手札がだぶつく傾向にあるので、全く出番がない、ということはないでしょう。他色のシグニなので、回収手段を何か用意しておきたい気持ちは少しありますが……。

 

除外なので一応あとで回収されないというメリットが存在するんですが、3、4回ぐらい使わないと目に見えた影響は出ないはずなので、あまりあてにしないほうがいいと思います。単に相手のエナが増えない、程度に考えておきましょう。

 

 

-----

 

 

こんなところです。構築済の方にもめぼしいカードはいくつかあるんですが、そこまでやるといつまでたっても書き終わらないのでやめておきます。

 

とりあえず新4弾が出たら(もう出てますけど)作りたいデッキはいくつかあるので、まとまったらまたそれについて書くと思います。

WIXOSS CUPの東京会場が思いっきり平日なので出られるかどうか謎ですが、とりあえずそれまでに色々試していければいいかなと思います。新5弾とかBDアーツが出るかどうか(たぶん出ないと思います)とかはありますが、それはまあ情報が来てから考えましょう。

 

 

 

 

あ、あとWIXOSS CEREMONY賞品のウェディングリメンバですが、

無事ランダム賞でもらえました。よかったよかった。

……下のポスターにあんまり深い意味はないです。単に同じ日にもらったから一緒に撮っただけ……ですよ?