remember me!

だいたいリメンバ(WIXOSS)のことしか書いてないブログ

【ディーヴァセレクション】キラキラで天使なリメンバ【デッキ満足度:★☆☆☆☆】

以前の記事で新弾出る前にデッキの記事書く、とか書いておきながらなかなか満足いくデッキが作れずに結局1か月経ってしまいました。すみません。

 

一応よさそうな感じのものはできつつあるんですが、この調子だとさすがに更新頻度が低すぎて結局新弾のカードだけ書くブログになってしまいそうなので、うまくいかなかった分と構築自体にはそこまでひねりがないのであえて書きづらかった分を記事にすることにします。こっちはうまくいかなかった分。

 

……うまくいかなかった分で完成品みたいな認識をされるとちょっと困るので、指標としてデッキ自体への満足度を付記しておきました。完全に私の主観なのでそこまで厳密にはできないですが、参考までにどうぞ。

 

※デッキ満足度について

★☆☆☆☆:デッキとして根本的に噛み合っていない、考え直した方がいい

★★☆☆☆:デッキとして無理があるように感じる、もう少し整理したい

★★★☆☆:デッキとしては普通に回る、でも何か物足りない

★★★★☆:デッキが明確に噛み合っている、細かいところ以外不満はない

★★★★★:デッキとしては完成している、もう何も言うことはない

 

 

・デッキ内容

■ルリグデッキ

-センタールリグ

リメンバ

祝宴の巫女 リメンバ・ブレック

祝宴の巫女 リメンバ・ランチ

祝宴の巫女 リメンバ・ディナー

-アシストルリグ1

ウリス

ウリス・マッド

ウリス・オーラ

-アシストルリグ2

緑子

緑子・雨槍

緑子・半月

-ピース

キラキラ★メモリー

スーパー・ヘルエスタセイバー

 

■メインデッキ

-ライフバースト

4 サーバント #

4 聖天 ハニエル

1 凶天 アズライール

3 凶天 サブナック

2 聖天姫 アークゲイン

1 聖天姫 エクシア

1 凶天姫 タマ//メモリア

4 照地

-バーストなし

4 聖天 アグライア

4 聖天 アルテミス

4 翠天 スクナビコナ

1 聖天 アークアテナ

3 翠天姫 ガイア

4 透天姫 リワト//メモリア

 

 ・概要

ウリス・オーラの「使用したターンは2面がら空きになる」デメリットをキラキラ★メモリーズとガイアの併用によって相殺してダメージレースを優位に進めよう、というのがコンセプトです。

上述の動き自体にそもそも5エナ必要なので、そのためのリソース確保やらリワトメモリアが起用できるメリットやらを考えると純天使にしたほうがよさそう、ということで純天使にしてます。

 

・カード個別

■キラキラ★メモリーズ、ウリス・オーラ

やりたいことをもう少し詳しく書くと、

 

シグニを並べてキラキラ★メモリーズとウリス・オーラを使用

ルリグアタック時にウリス・オーラによって付与された能力発動、場のシグニを2体トラッシュに置いて2ライフ追加

同タイミングでキラキラ★メモリーズによって付与された能力発動、相手のライフクロスを手札に戻して自身の手札からシグニ(だいたいガイアですが、この時点でまだガイアが場に残っているなら別になんでもいいです)を1体場に出す

ターン終了時に場にいるガイアの能力発動、2エナ払ってトラッシュの天使を場に戻す

3面埋まっててうれしい

 

という感じです。

アシストルリグやライフバーストから除去が飛んでくるとちょっと危ないですが、1体ならまあウリス・オーラフル稼働したうえで2体残るので許容できる範囲ではあります。

……ルリグアタックまでに2体飛ぶとだいぶつらい(さすがにウリス・オーラを優先すべきなので場が空になるのが確定)のでそこは正直なところネックです。使うターンにうかつに打点を取ろうとしすぎない方がいいのかもしれません。

 

■緑子(アシストルリグ)

-概要の動きに5エナかかることを考えるとメル=インビジブルを使えるだけのリソース余力はおそらくない

-もう片方のアシストがウリス確定であり、相性の都合上レベル1もほぼマッドで決まりであることを考えるとこちら側で多少打点を確保したいので、緑側のレベル1は7000以上バニッシュより安定しやすいレベル2以下ランサーを使いたい

-安定した打点要求のために除去できるものにしたい

ということで緑子の雨槍→半月になっています。一応サンガのエアー→ヒットもしくはエアー→パラレルでもいい気がしますが、とりあえず除去はできる+コストを低く抑えるというのを優先してます。ヒットの追加4エナを払える気があまりしなかったので……。

 

■スーパー・ヘルエスタセイバー

白黒ならとりあえず入れとけピース。これを使いたいがために白黒にするまであります。というかあまりに使いたすぎて今まで私が組んだやつ全部白黒入りです。

 

地味に回収できる無色シグニがガード持ちに限定されていないので、リワト//メモリアや(今回入れてないですが)夢限//メモリアを回収可能です。

 

■凶天姫 タマ//メモリア

ヘルエスタセイバーで守備力の高いシグニを持ってこなければいけない状況が存在するはずなので、その黒枠として入っています。3ターン目にキラキラ★メモリーズ→ガイアの流れで出す用でもあるので白枠のエクシア&アークゲインとあわせて4枚分ですが、能力の安定性の都合で黒枠は1枚です。

 

■照地

白緑黒の純天使だと打点役がほぼレベル3……というかリワト//メモリアに限られる(レベル2黒天使に一応タナトスはいますが、入れなかった……というか入れてたけど外した理由は後述します)ので、その部分の補強のために4枚フル投入しています。ライフバーストがアップ状態限定でないのもいいところです。

 

■聖天 アークアテナ

ヘルエスタセイバーで打点役を引っ張ってきたいときの白枠です。……8000以下なうえにダウンを伴うので正直あんまりやりたくないですが、全体的に打点不足気味なのでやらざるをえません。

ちなみに黒枠は用意できませんでした。後述しますがタナトスは入れてないですし、ワルキューレ→ヴァルキリーもちょっとお膳立てが多い気がするので仕方ないところです。一応アズライールでリワト持ってくる、ぐらいは用意しましたが……。

 

・検討したカード

■凶天 タナトス

一応最初は入っていたんですが、

-序盤に使用するハードルが極めて高い

-やりたい動きに5エナ(3ターン目に使用した方がいいことを考えると、グロウコストも合わせて白白白を含んだ7エナ必要です)かかるので、序盤はスクナビコナでちゃんとリソースを確保したい

-ヘルエスタセイバーで持ってこれる打点役としての目はあるものの、ガイアやリワトの枠は基本削れない(主要ギミック要員や主要な打点役を削って対象がそこまで広くない打点役を入れるのはさすがに意味不明)

ということで、結局押し出されてしまった形になります。

墓地肥し役であるゲフィオンを入れればもう少し序盤に使う目は出てくると思いますが、このデッキ自体構造上白があまり多くできないことを考えるとレベル1枠に白でないシグニを増やすのはグロウ事故のリスクが大きく、デッキを歪めすぎるのでたぶんやめたほうがいいです。

 

※少しわかりにくい話なので補足しておくと、このゲームのシステム上序盤のエナの大半は「序盤に場に出したシグニがバニッシュされる」ことで手に入ることになり、ここでグロウコストを確保できない場合は根本的に不確定であるライフやエナチャージのめくれに頼ることになるので、序盤に場に出すシグニをセンターカラー以外にすることはグロウ事故(実際にグロウできないまでいかなくても、色エナの都合で泣く泣く主力シグニをエナチャージする羽目になる、という状況も含まれます)の観点でかなりリスクの高い選択であり、特にデッキ全体のセンターカラーの枚数があまり多くない(=不確定なエナの獲得でグロウコストが確保できる可能性が低い)場合は避けた方がいい、という話です。

 

・要改善・検討点

■序盤の物足りなさ

序盤についてはハニエルでサーバントを探したりアグライアとスクナビコナでリソースを稼ぐ、という動きになりますが、防御面としては最低クラスなのに打点が取れるわけでも相手のリソースに干渉できるわけでもないので、そこで差がついて結局取り戻しきれない……みたいなことになりがちだった気がします。純天使かつ多色構成でなければオーバー・バシュートあたりである程度埋め合わせがききますが、色的にもドロー手段的にもそんなに余裕がないので……。アグライアが先攻1ターン目だと何もしないのも地味につらいところ。

 

※アルテミスがいるじゃん、という話はあるかもしれませんが、この手の耐性系シグニは最低でも同系統のものを2体並べないと防御として機能しにくい(相手が3面取るつもりのデッキでないかぎりは他の2体を処理されて終わり)ので、ハニエルで探してこれることを考慮に入れても同系統の耐性が2種8枚はいないと序盤の防御としては基本的に成立していないとみていいと思います。

 

■根本的な打点力不足

とはいえ、序盤にたいしたことができなくても中盤以降で巻き返せれば先ほどの話はそこまで問題はないんですが、じゃあ巻き返そうというつもりでレベル3に至っても3面空けることが無理してもほとんどできない、というかなり深刻な問題があります。そもそも打点役がリワト//メモリアと照地(と一応入っているアークアテナ)しかないので、半月かライフバーストが絡まないとちゃんとした3面空けは極めて困難です。一応そのへんを考慮してライフバースト枠に確実に面開けできるサブナックを取ったりぐらいはしているんですが、しょせんライフバーストである以上めくれないときはめくれないので……。

 

そもそも冷静に考えるとウリス・オーラの明確な長所は「低コストで確実性の高い引き延ばし手段である」という点で、キラキラ★メモリーズは「強制的に相手のライフを減らすことでゲームの終結を早める」というカードなので、それらを併用するのであれば序盤からしっかり点を取っていって確実な逃げ切りを狙う(この場合は2ライフが安定すればいいので、3面埋めることにこだわる必要性もあまりありません)、という形にすべきで、レベル3から点を取り始めますよみたいな悠長なデッキになってしまっているのは端的に言って意味不明、というのが正直なところではあります。そもそも最初のほうで書いた概要と実際にやってること違いますからね……。

 

これらの問題については純天使かつこのカラーリングでセンターが白、という前提だとおそらく天使のカードプール上解決できないと思われるので、改善を図るにはデッキの根本的な見直しが必要です。一応ガイアをあきらめて緑を赤に変更すればイーリスなどで打点面はかなり改善するので、変更を最小限で済ませるならそういう方向性になるでしょうか。