remember me!

lostorageになっても、リメンバのこと忘れないでね!とひっそりと訴えかけたいブログ

私的リメンバ回顧録 その5(終)

 

私的リメンバ回顧録 その1 - remember me!

私的リメンバ回顧録 その2 - remember me!

私的リメンバ回顧録 その3 - remember me!

私的リメンバ回顧録 その4 - remember me!の続き。

 

最終回。

lostorageになってもリメンバのこと、忘れないでね!

 

 ・14弾……というより、WIXOSS WORLD CHAMPIONSHIPの話

キャンペーンでリメンバがやってきて、リメンバ勢としてはだいぶ報われた気分になっていたら、まさかその先があるとは……。

 

 

……というわけで、なぜだかWIXOSS WORLD CHAMPIONSHIP本戦に参加できてしまったので、14弾の時期の話はそれにしようかと思います。もう1か月経っていて若干今更感はありますが、あと少しの間お付き合いください。

 

まず、予選(WIXOSS SUMMERSTORE)に持ち込んだデッキがこちらです。

f:id:mudhole2001:20161023213158j:plain

 (画像:https://twitter.com/HBSTkawasaki/status/761867804991561728

 前日のWIXOSS PARTYに持ち込んでみたらけっこう回ったので、そのまま持ち込んだという顛末でした。

14弾でのアンやイオナの強化がきて、盤面から通せる自信がなかったのでハンデスしてルリグアタックを通そう、という方針だったかと思います。14弾のカード(†H・M・F†)を滑り込ませることができたのがちょっとお気に入り。

 

対戦相手は以下の通り。

1.(不戦勝)

2.雪月(先攻4ターンで終わったので推定)花代 ○

3.エルドラ5 ○

4.2止めアン(滅精で点を取るタイプ) ○

5.五型緑子 ○

6.紅蓮遊月 ○

ということで、なんとか勝ち残ることができました。しばらく現実感が本当になかった……。

レベル3で一応†A・L・C・A†から回収できるようにしていたとはいえ、必要な相手のときにM・P・Pをきちんと引けていたり、紅蓮遊月にホロスコバーストからの先攻4ターン目FREEZE THROUGHが完全に入ったりなど、幸運に助けられていたところも少なからずあったように思います。一般出展でもらったピルルクのお面をずっと被っていたので、たまたまレベル3がピルルクΦだったことも併せて、清衣ちゃんのご加護みたいなもの、なくはなかったのかもしれません。

 

ありがとう清衣ちゃん。本人は絶対こんな形で感謝されたくはないでしょうけど……。

 

 

 その後、紆余曲折(うよきょくせつ)を経て本戦に持ち込んだデッキがこちら。

f:id:mudhole2001:20161010151536j:plain

三剣入りのAPEXやイオナなど、エナが溜まる相手だとなかなかロックユーにたどり着けないので、無理矢理ロックユーに持ち込むために龍滅連鎖を入れた形です。ACGDEFや強めのバースト、FREEZE THROUGHにサメHTRや曲折といった、これまで使ってきたカードやギミックがかなり入っており、集大成という感があって少なくとも決勝らしさはあったと思います(主観)。

 

結果は、

1.2止めアン ○

2.紅蓮遊月→真(たしか優勝した方) ×

3.創世イオナマユ(ユキ寄り) ○

4.ピルルクAPEX ×

の2勝2敗で、オポネント差であっさり予選落ちしてしまいました。APEXに勝つつもりでデッキ組んだのに、普通にAPEXに負けたのが悲しい……。

ブドー3積みとACGが若干足を引っ張っていた感じはあったので、そのへんを羅原Vあたりに組み替えればもう少し芽はあったのかな、と思います。

 

まあそんなこんなで、WIXOSS WORLD CHAMPIONSHIPは遊月の優勝で幕を閉じたのでした。サイドイベントに出たら6日間ぐらいずっと腕が痛かったり、八十岡翔太氏(プロツアー優勝おめでとうございます)をはじめとしたWIXOSSスタッフの皆様からサインを頂いたりと、月並みな言葉ではありますが、とても楽しい時間を過ごすことができました。動画は自分が映っているらしいので怖くて見られません。

 

本当はせめて決勝トーナメントまでは上がりたかったんですが、一応世界大会にリメンバがいた、という事実が残せただけでも、まあ……。でも両方凍結ホロスコープ軸の一言でまとめるの無理があると思う

 

 

-----

 

 

そんなこともあって、2016年10月の今に至るのでした。

  

・lostorageを迎えて

f:id:mudhole2001:20161025210549j:plain

数か月後にspread WIXOSSが控えていた2014年8月、なんの気なしにリメンバナイトをデッキに入れてから、いつの間にかこんなところまで来てしまいました。振り返ってみると、揃えにくいカードは案外自引きしていたり、一番外せないところのコングラが取れたり、最終的にやってきたり世界大会に残れたりと、リメンバ勢としてはとても恵まれていたんだろうなぁ、としみじみ思います。

selectorが一段落し、lostorageの時代になって、selector組、ことにスピンオフ漫画出身のリメンバがフィーチャーされる機会はしばらく巡ってこないのでしょう。とはいえ、2年間ずっと使ってきた愛着もありますし、今の段階でもまだまだリメンバを完全に使いこなせているとは思っていないので、他のルリグを使うことはあるにしても(lostorageリーグではさすがに使えないですし)、まだまだ一緒に戦っていきたいな、と今はいろいろ思案しているところです。

 

 

 

※lostorageに清衣が出てるんだし、リメンバもひょっとしたら出るんじゃない?なんて話もありますが、spread WIXOSSでふたせ文緒が緑子の本体じゃないかと一部で言われてて、そうじゃなかった時にものすごく落ち込んだことを思い出すので、とりあえずそのあたりにはあまり期待しない方向で……。

でもまあ、緑子こと市川緑さんも結局ずっと後で出てきたし、リメンバも何かの流れで本名ぐらいわかるといいかな……。

 

 

-----

 

・おわりに

以上で、「私的リメンバ回顧録」と題しました一連の記事はおしまいです。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2016年10月25日

まっどほーる